トップ > タイヤ交換の方法。外してつけるだけだけど、手順を細かく紹介☆

タイヤ交換の方法。外してつけるだけだけど、手順を細かく紹介☆

前回はタイヤ交換の方法・・・ジャッキ編!!ということで終わってしまいました。
今回は、交換まで一気に進めていこうと思います♪


車をジャッキで持ち上げる説明を先にしてしまいましたが、実はジャッキで車体を持ち上げる前にタイヤのナットを少し緩めておく手順があります。

いま付いているタイヤのナットを外すわけですが、普通のレンチでも余裕!という方は普通のレンチで回してください。
前回も紹介しましたが、車の進行方向(前)に回すとナットは締まりますから、反対方向に回してゆるめます。

taiyakoukan.jpg力の弱い女性や、タイヤ交換に力を使いたくない!体力はなるべく温存派の方は十字レンチがお勧めですよ^^

カーショップなどで安く手に入りますから、一つ十字レンチは持っていたほうが良いかと思います♪

おさらいですが、手順は、、、

1,タイヤカバーやホイルカバーを外す。
2,ナットを緩める。
3,ジャッキで車を持ち上げる。

の順番です。

で、2の工程でナットを全てはずしてはダメです!!
ジャッキで車体を持ち上げた時にアンバランスになってしまい、危険です。
ネジを緩め、簡単に外せる程度にしておくことが大切です。

ジャッキで持ち上げる前に少しナットを緩めておくと、ジャッキで上げた状態で思いっきり力を入れてナットを回した際に車があわや横転!!なんて事故を防ぐことができます。

ということで、少し話しが前後してしまいましたが、あとは、ナットを回してタイヤをとって、新しいタイヤに交換!!だけです!

と言っても、大きなタイヤ。
子供のおもちゃの電池交換をしたり、テレビ等のリモコンの電池交換するのとはわけが違いますから、一苦労ですね。


ちなみに、ホイルカバーやタイヤカバーなどが付いている場合は外してください。カバーは大抵、切り込み口のような場所があって、ヘラ状のものを差し込むとパカっと外すことができます。

それから、平面な場所で行う際にも車止めなどを使用する事によっても安全の確保ができますから、使用をおすすめします。

タイヤを外す時は、ナットは対角線上に緩めていきましょう。

タイヤを外したら、新しいタイヤをはめ込みます。
あとは、再度ナットで締めるだけです。

ナットを締める時も、対角線上にだんだんと締めていくのが鉄則です!
ある程度閉めたらジャッキを外し、タイヤが地面についた状態できつく締めていきましょう。ジャッキのうえで力を大きくかけるのは危険です。

ホイルカバーなどを使用している場合は最後に取り付けをして完了です。


頭の片隅に、外し方、付け方を入れておくと、便利ですから、覚えておきましょうね!

前の記事 |