トップ > ワイパーラバーをいよいよ交換!!簡単3STEPでできちゃいます♪

ワイパーラバーをいよいよ交換!!簡単3STEPでできちゃいます♪

前回はワイパーの購入方法を紹介したので、今回はワイパーの交換方法を紹介します。

基本的な交換方法で紹介しますが、商品によっては異なる場合もあるので、わからない場合はお店の人に聞いてみるのも方法です。


簡単な流れは3つのポイントで分かれています。
1,ワイパーブレードを外す。
2,ワイパーラバーを交換。
3,ワイパーブレードを元に戻す。(取り付け)

これだけで完了です。
なれてしまえば、数分でできる作業ですし、1回覚えれば簡単すぎて忘れるのが難しいぐらいになりますから、覚えてしまいましょう。

また上記の流れは初心者向けの方法です。
なれてしまうと、ワイパーブレードをはずさないでもラバーだけを交換することも簡単です。
なれいている人から言わせれば、ワイパーブレードを外すほうが面倒!はじめからワイパーラバーだけを交換する方法を覚えたほうがいい!!と言う人もいるぐらいです。

たしかに、ワイパーブレードごとの交換はあまり一般的でもないのでそうかもしれませんが、知っていることが多いのは悪くはないことなので、覚えてしまいましょう!

waipa-toyakei.jpgまず、ワイパーブレードを外してみましょう。
ワイパーアームとワイパーブレードの間に接点があります。
車種によっては方法が違うかもしれませんが、ボタンのような箇所を押しながらワイパーブレードをスライドさせると簡単に外れます。
イメージ的には携帯電話の電池パックなどを外すような感じです。

ボタンのような場所を押してスライドさせると、簡単には外れないように引っかかっているのですが、そんなに難しい構造でもないので外してみましょう。
また、取り付けのときはこの作業を反対に行っていくので、手順を忘れないようにしてくださいね。


そして、ワイパーラバーを引き抜きます。

横に引っ張ると簡単に引き抜けますよ!!

次に、金属製の細い棒2本とワイパーラバーに別れると思います。
この金属製の細い棒の向きは重要ポイントです。

これには向きがあって、弓の様に曲線になっています。
ガラスの曲線に合わせるようにワイパーラバーの溝に金属の棒を入れます。

金属の棒がまっすぐの場合もあります。その場合はどちらに取り付けても問題ありません。きにせず取り付けをしましょう!!


しっかりとはめ込んだら、最後にワイパーブレードに戻します。
この時、ワイパーブレードにきちんとはめ込むことが重要です。
適当につけてしまって、おもわぬ事故・・・なんて悲しいですからね。
ちゃんとはめ込んだら、完成です!!
お疲れ様でした!

文章だけだと、ちょっと限界もありますが、、、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね☆

前の記事 | 次の記事