トップ > 自動車全般 > 免許はどっち? AT限定とMT。 両者のメリット&デメリットを考えてみよう!

免許はどっち? AT限定とMT。 両者のメリット&デメリットを考えてみよう!

untenmenkyosyou.jpg時代は2015年。

1991年から開始された「AT(オートマチック)限定免許」。最近の車はほとんどがAT車。

ちょっと前に話題になったスバルの86。
こんな走り屋の車のイメージの車種でさえオートマ車があり、最近のオートマの性能はすごい!と言われるほど。

ま、、確かに、下手な運転手がMT車を運転するより、AT車で運転するほうが安全ですし、環境にも車にも優しかもしれません。

ちなみに、アンケートで2014年。学生にアンケートをとった結果。
質問⇒もっている普通自動車免許は「AT限定免許」ですか?
【男性】
はい・・・24,5%
いいえ・・・75.5%
【女性】
はい・・・81.9%
いいえ・・・18.1%

※参考サイト フレッシャーズより。
URLhttp://student.mynavi.jp/freshers/column/2014/03/at.html


じゃあ、MT車とAT車の違いは?なんて仕組みをズラズラと書き始めてしまうと大変なことになるので、やめておきますが、簡単に運転できるAT車とMT車と分けるのが一般的です。


最近、多く見かけるのが無免許運転での事故ですね。
無免許運転で集団下校している小学生の列に突っ込んだ・・など悲しい事故が全国各地であります。

どれも見ているとAT車です。

そう、AT車はアクセルとブレーキさえわかれば、ある程度運転ができてしまうというメリットがあるぶん、誰でも運転ができてしまう。といった怖さもあるのですね。

その点MT車は操作が難しいです。
ギアを入れたまま、ブレーキだけをふむとエンジンは切れてしまいます。そして、アクセルだけを踏んでも車は動きませんし、ギアを変えてあげないと速度は一定の速度から加速しなくなります。

クラッチを使わないと運転はできません。

半クラで足がプルプル~~~なんて思いを初心者の頃した覚えのある方も多いと思いますが、このクラッチを分でギアをつなげてそれから車は動き出します。このクラッチとギアを噛み合わせるのにはコツが必要で、免許を取るときに苦労した人も少なくないはずです。

上手につなぐことができないと「エンスト」してしまうわけですね。

そう!MT車はある程度勉強をして運転の練習をしないと、町中を走るのにも大変苦労する乗り物です。

「無免許運転の事故」という観点からだけ見ると、勉強して練習を繰り返さないといけないMT車なら、少しは事故が減るかもしれません。

しかし、毎日の通勤や仕事で何十キロも走る人たちはAT車の方が楽ですし、体にも負担が少ないです。
また、最近の車は多くがAT車です。あまりMT車を運転する機会もないでしょう。

そもそも、AT車の仕様しかない車種も多く販売されています。例えば、ステップワゴンやエルグランド、アルファードのようなミニバンと呼ばれファミリーカーに分類されるような車はAT車のみです。

MT車の仕様がある車種でも逆にMT車は作るのが面倒であったり、製造ラインとして確立されていないので作る際に高くなり販売価格も高くなってしまう場合もあります。

こうなってくると、断然AT車!!ですね。


じゃあ、最終的にどっちがいいのよ!という問題。
どうなのでしょうかね。

私の父は公務員です。事務職でたまに現場に車で移動して視察することがあるそうです。新卒の社員をつれて現場に向かうのに社用車を使用したところ、新卒の社員は僕が運転します!と張り切るも、MT車でAT限定の免許しか持っていなく・・・というエピソードが身近にあります。

MT車を運転できない本人が悪いわけでもなく、募集要項にもきぅとAT限定不可などは書かれていなかったでのでしょうしね。

ただ、もっているのと持っていないのでは違いますよね。
自分が乗っている愛車はATでも、災害や事故の時にとっさに他人の車を動かさないといけないことがあるかもしれませんしね。
そんな時に、その車がMT車だったら・・・
「他の人を呼べばいいじゃん。」それも方法。

さてさて、このテーマって様々な意見がインターネットでも出されています。どのように考えて、どうするかは自分次第。
いろいろ考えてみてよりよい結果がだせたらいいですね。

自動車全般
気になった自動車について、メーカー、ジャンルを問わず紹介していきます。ミニバンだけでなく、セダンやスポーツカーから軽自動車まで。

前の記事 | 次の記事

関連記事