トップ > 自動車全般 > 子供を車に乗せてシートに嘔吐された!ニオイなどの処理方法

子供を車に乗せてシートに嘔吐された!ニオイなどの処理方法

142021.jpgステップワゴンもそうなのですが、ファミリー向けの車だとありがちなのが車内での嘔吐。

具合の悪くなった子供を病院に連れて行く途中や、車酔いなどなど。いろんなパターンがあります。

基本的に子どもは車に酔いやすいと言われています。
なので、車に酔いやすい人がいる場合ははじめからシートカバーなどをつけたり、シートカバーの下におねしょパットのような防水性あるカバーをつけておくなど、工夫をしておくと良いです。

嘔吐だけではなく、ジュースやお茶をこぼしてしまった時にもシートカバーを洗うだけで処理が終わりますし、デザイン性のあるものも多く販売されていますから、おしゃれにアレンジすることができます。

シートカバーをしていない状態で、車のシートを汚されてしまった場合は厄介です。

処理をする場合、絶対にこすらないようにします。擦ってしまうとドンドンと中に浸透していって大変なことになります。
叩いてニオイを出していくようにします。

この時、蒸しタオルのような暖かいタオルと使用するとニオイが取れやすくなりますが、ムワ~ンと独特のニオイが充満するのでマスクなどで回避しましょう。

とにかく叩いて、叩いてを繰り返すのが一番の方法です。

ある程度叩いたら、重曹水で叩いていきます。中性洗剤などでも良いのですが、ニオイを強いニオイで消してもその場しのぎですから、ニオイの少ない洗剤や重曹を使うのが効果的です。

これが終わったら、スチームアイロンを使用します。
タオルの上からスチームを当てていきます。蒸気でニオイや汚れを浮かせます。

そして、また叩きます。とにかく叩く。これが基本です。

ファブリーズなどを吹きかけるのも方法ですが、ニオイの上にニオイをかけても惨事になります。
なので、炭などをおくのも方法ですが、時間がかかります。


一番良いのはニオイのする場所に直接重曹をかけて2~3日放置します。そして掃除機で吸うとかなり効果的です。

その間、換気ができる環境なら窓を開けておくなどしましょう。
また、時間があるのであれば、日干しも効果的です。よく干して掃除機で吸います。

ニオイがそれでもまだ、気になるようだったら、再度蒸しタオルなどで叩いて、アイロン・・・と何度か同じ工程を行ってみてください。

ある程度ニオイが軽減してきたら、ファブリーズなどを使用しても良いですし、洗濯用洗剤などを使用してみてください。

・・・とちょっと大変ですが、頑張ればニオイは消えていきます。

そして、上級者編として、自分でシートを取り外して、みずをかけて洗ってしまうのも方法です。天気の良い日に車のシートを取り外します。ネジ4ツを緩めるととれるシートがほとんどです。

ただし、丸洗いできない車種もあるのでディーラーなどに電話して聞いてみるのが早いです。その際に、自分の車の車検証やコーションプレートに書いてある「型式」が分かるようにしておくと取り外し方法なども同時に教えてくれます。

天気と技術に都合がつけばチャレンジしてみください。

また、ディーラーや専門業者に依頼するのも方法です。
解体して洗浄するなら、1万円前後で処理してくれるので、依頼してみるとスッキリ綺麗になります!!

自動車全般
気になった自動車について、メーカー、ジャンルを問わず紹介していきます。ミニバンだけでなく、セダンやスポーツカーから軽自動車まで。

前の記事 | 次の記事

関連記事