トップ > 自動車全般 > 車のフロアマットは洗えます!フロアマットの洗い方講座☆

車のフロアマットは洗えます!フロアマットの洗い方講座☆

洗車をするのに、車内清掃って大変です。
特に大きなワンボックスカーなどは掃除をする場所も多いので、手間がかかります。
なので、洗車をするのであれば一度に完了させようと思わないで、車内とボディーで分けて洗車するぐらいの気持ちで行うと良いかもしれません。

年に1回~2回は車の大掃除をしてあげると、車も綺麗な状態で保つことができます。綺麗にしておくことによって、手放す際に買取価格にも差が出ますから、維持するようにしてください。

sensya.jpg

車内の清掃はフロアマットを全てとって掃除をすると良いです。
フロアマットは、家庭用の洗濯洗剤で洗うことができますが、天気がよく車内清掃を始めたら一番初めに行わないと乾きにくいので天気をよく確認して洗濯をしましょう。
抵抗がなければ洗濯機のソフト洗いなどで洗濯するのも方法ですが、洗濯機の中が砂まみれになるのは覚悟してください。
フロアマットはかなりのホコリや砂を吸っています。

洗濯機で行わない場合は、フロアマットに思い切ってホースなどで水をかけます。この時点で大まかな砂やホコリを洗い流すのが良いです。
そして、ジュースなどのをこぼしてしまったりニオイの残りがきつい時はぬるま湯を用意して流すと効果的です。(熱湯は生地を痛めてしまったりするので、避けてください)ぬるま湯は油汚れにも効果があるので、試してください。

そして、洗濯洗剤をつけてブラシなどで洗っていきます。
洗い終わりには一定方向にブラッシングをかけるようにして泡と一緒に汚れを追い出して、ください。洗濯洗剤だと油汚れには弱いので、部分的に食器用の洗剤で汚れを落とすのも方法です。

最後に柔軟剤を使うと香りも良いです。車内の芳香剤いらずでしばらく過ごすことができますから、使ってみてください。最近は花粉などをつきにくくしてくれる効果がある柔軟剤などもありますし、抗菌作用のある商品などもあるので気になる方はそういった商品を使うと効果を感じられるかもしれません。

干す時は必ず斜めにして干します。そのほうが水切れが良いからです。
洗濯物をピシっとまっすぐ干したい方は、抵抗があるかもしれませんが斜めにしておくことがフロアマットを早く乾かす方法です。
半乾きで車内に戻してしまうと、生乾き臭が車内に広がってしまいますから注意してください。

フロアマットを洗うだけでも、かなり車内のホコリぽさが抜けてきます。年に1~2回でいいので洗濯してみてください。
できれば、飲み物をこぼしてしまった時や、嘔吐などがあった時も同様の手順で汚れてしまった部分だけでも即座に洗うとニオイやシミなどにもなりませんから、頭の片隅にフロアマットの洗い方を覚えておくとよいです。

自動車全般
気になった自動車について、メーカー、ジャンルを問わず紹介していきます。ミニバンだけでなく、セダンやスポーツカーから軽自動車まで。

前の記事 | 次の記事

関連記事