トップ > 自動車全般 > 汚れが目立たない車の内装色は何色? ~子育て世代目線~

汚れが目立たない車の内装色は何色? ~子育て世代目線~

子育てにつきものの自動車。
子供が生まれるから、車をミニバンなどに買い変える方もいると思います。

ステップワゴンやセレナ、アルファードやエルグランド。
どの車種もメリット・デメリットがありますが、子育てするのにミニバンはとても役に立ちます。
家族で車に乗る.jpg
子供を車に載せるときに、今はチャイルドシートやベビーシートが義務になっていますが、小さい子供が長距離の移動だと飽きてしまったり、授乳・・・なんて場面もありますし、上手にチャイルドシートから自分で抜けだしてしまう子もいますね。

そんな時に、役に立つのがお菓子やパンなどの軽食です。
車内で食べ物を食べると、子どもは必ずとっ散らかしてくれます。また、水分補給に渡したお茶やジュースをベッタリこぼされたり。子育て中の車内は基本的に食べかすが散らかってしまいがち。

それに、家族で遊びに行って泥だらけの靴で車内に入ったり、靴のまま車シートに立ち上がってみたり、前のシートを靴で蹴飛ばしたり・・・砂や泥もひどいですね。

また、子どもは車に酔いやすいこともありますし、急な発熱などで車で病院に向かう途中に嘔吐・・・なんてことも。

こういった、子どもが車内を汚すことって多々あります。
そこで、なるべく汚れの目立たない車内の色は何色かということなのですが、子どもを乗せるのであればベージュ系です。

比較的、ジュースや食べかすを目立たなくしてくれます。

しかし、シートに服などが擦れたりしてできる黒ずみには弱いのがベージュの特徴。
黒ずみがきになるのなら、黒や濃いグレーを選ぶのがよいでしょう。でも、食べかすなどは目立ちます。


なので、後は何を重要視するかによって変わってきます。
一般的に、ミニバンは内装色はベージュが多いです。やはりこれはファミリー向けに内装も汚れが目立たない色を選んでいると言えます。

もちろん、黒や濃いグレー、紺などもありますが、グレードが高いものの仕様など、ちょっとお値段がはることも。
あとは好みもあるので、色々と購入時に相談してみるといいかもしれません。


それから、1つの方法として、おすすめしたいのがシートカバーの使用です。車酔いのひどいお子様がいたり、ペットを乗せたりする方は洗濯ができて、ある程度汚れも吸ってくれるものを選ぶといいです。

イエローハットやオートバックス、ドン・キホーテなどなど。様々な場所で販売されています。対応車種かどうかをよく確認して購入してください。
女性でも簡単につけられますから、子育て仕様のミニバンには欠かせないアイテムかもしれません。

自動車全般
気になった自動車について、メーカー、ジャンルを問わず紹介していきます。ミニバンだけでなく、セダンやスポーツカーから軽自動車まで。

前の記事 | 次の記事

関連記事