トップ > 書類契約 > 自分で名義変更をする時の必要書類

自分で名義変更をする時の必要書類

名義変更をするときに、必要な書類を紹介します。

最近は自動車を個人で売買するのも一般的で、インターネットオークションや、知り合いに売ったりもします。
その際は、名義変更も自分で行わないといけません。

自動車の名義は使用者と所有者に分かれます。
名義変更に必要は書類は基本的人所有者の書類です。
車検証に所有者と使用者の欄があるので、それを確認して、書類を揃えてください。
また、所有者がディーラーやローン会社などであれば、所有権解除という手続きをします。詳しい方法は以前紹介しているのでそちらで確認して下さい。【車の所有権について←サイト内リンク】

では、必要書類を紹介していきます。
一時抹消登録などの登録をされていてない、車検があり車検証上の所有者が個人名である場合とします。

現在の所有者の必要な書類
・車検証
・自賠責保険証
・納税証明書(年度内のもの)
・委任状(実印が捺印されているもの)
・譲渡証明書(実印が捺印されているもの)
・印鑑証明書
・印鑑証明書と車検証上の住所が異なる場合は住所をつなげる書類(除票など)
・印鑑証明書と車検証上の氏名が異なる場合は氏名をつなげる書類(住民票など)

新所有者になる人の必要な書類
・車庫証明(警察に届け出て申請が下りたもので発行日から1ヶ月以内のもの)
・印鑑証明書
・委任状(実印が捺印されているもの)


以上です。新所有者が使用者の登録をしたりしないこと。未成年者が新・旧所有者出ない場合など、ある程度この書類でできることは限られてしまいますが、一般的にはこれで名義変更が可能です。

上記の他に、各陸運支局で手数料納付書、動車税・自動車取得税申告書や申告書があるのでそれらに記入をします。

madoguti.jpg

自分で名義変更を行う場合は、管轄の陸運支局にいくことになります。
土日祝日は開いていないので、注意が必要です。また、どこでもいいというわけではありません。新所有者の車庫証明を申請した管轄の陸運支局で行うことになります。

旧所有者が千葉県にいて、新所有者が新潟県にいるのであれば、新潟県のなかの管轄の陸運支局になります。


初めて名義変更を行う場合、陸運支局の独特の雰囲気に負けてしまいそうになります。また忙しい時期になると丁寧に教えてくれなかったり、申請用紙をだすのにも並んでかなり時間がかかることもありますから、時間には余裕を持って行くと良いです。

多くの陸運支局が窓口に番号があります。
なので、次は何番に行けばいいですか?と聞くと自分もわかりやすく相手も答えすいのですぐに回答をもらえます。

最後にナンバープレートをつけてもらうのですが、車の近くでボンネットを開けて待っていてと言われることがあります(陸運支局によって異なります)なので、ボンネットの開け方ぐらいは覚えていくようにしましょう。

書類契約

前の記事 | 次の記事

関連記事