トップ > 書類契約 > 所有者死亡の場合の書類手続き

所有者死亡の場合の書類手続き

osoushiki.jpg縁起でもないのですが、所有者死亡の場合の車の名義変更について、今日は説明しようと思います。

まず、所有者死亡というのは、主に車を使っていた人ではなく車検証上の所有者の欄に名前・住所が書かれている人のことを言います。そして、所有権がついていないことも前提とします。(所有権はディーラーやローン会社などになっていること。詳しくは車の所有権についてで説明しています。)


以上を前提として話をすすめます。

まず、車は所有者が死亡した場合「遺産」となります。これは買取価格が100万円、200万円・・・などでもそうですし、20万円や5万円、1万円の車でも遺産となります。

なので、所有者が死亡した場合、どんなにポンコツの車でも、逆にどんな高級車でも「遺産」の扱いをして、手続きをしないといけません。

通常(所有者が死亡していない場合)、名義変更に必要な書類
・車検証
・自賠責保険証
・印鑑証明書
・委任状
・譲渡証明書
・納税証明書(時期によっては不要)
・住民票や除票
(車検証上と現住所が異なる場合、それをつなげる書類として)

上記の書類は全て所有者のもので用意します。(自賠責保険は車台番号があっていれば名義違いでも可)


所有者死亡の場合の必要書類ですが、所有者死亡した車を誰の名義にするかによっても変わってきますし、車を廃車する場合も異なってきますが、基本的にどの場合でも「相続手続き」を行いそれから、名義変更の手続きなるので、「相続手続き」に必要な書類を紹介します。

相続手続きをすることによって、生きている人の名義となりそれから他の手続きができるようになる(とっても簡単に言っています)そんなイメージで大丈夫です。

相続手続き必要書類
・遺産分割協議書
・住民票
・印鑑証明書
・戸籍謄本
・実印
・委任状
・車検証

以上が必要です。

ここで面倒なのが「遺産分割協議書」です。
遺産分割協議書には相続人全員の連盟と実印の捺印が必要になります。つまり、配偶者から子供まで全員分となります。
この時に、子供が未成年だったりした場合は・・・
子供が海外にいる場合で印鑑登録していない・・・海外にお嫁に行ってしまった・・・どうしても連絡のつかない子供がいる・・・などちょっと手続きが厄介になる場合もあります。
未成年の場合は、とくに問題もないのですが。

また、印鑑証明書は相続人全員分が必要ですし、しかも発行から3ヶ月以内のものが必要ですから、もたもた手続きしていると印鑑証明書の書類の有効期限が過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。


少し、おおまかな説明になりましたが、基本的に必要な書類は異常です。あまり長く書いてしまうとわけがわからなくなってしまうので、今回は基本的な部分だけの紹介にします。

所有者死亡の場合の名義変更は子供の数などで変わってきますし、その人それぞれ違うのでできれば行政書士などに依頼スムーズに手続きしてもらうと良いです。

書類契約

前の記事 | 次の記事

関連記事