トップ > 自動車保険 > 自賠責保険について。

自賠責保険について。

自動車を運転する人なら誰もが入っている自動車保険。
まんがいちのために、必ず入っておかないといけないものです。
この自動車保険は様々な種類があり各会社個性的なサービスなどを提供しています。
保険は目にみえない商品ですから、なんとなくわからずに入っていたりしてしまいます。

ちゃんとした知識をつけて、楽しいカーライフを送りましょう。
まず、自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」があります。自賠責保険は必ず入っていないといけないもので、料金も決まっています。自家用乗用車(普通車)なら24ヶ月で27,840円です。軽自動車なら24ヶ月で26,370円です。営業用やトラックなどでまた変わってきます。

jiko.jpg
自賠責保険は通常車検がと同じ時期にきれるようにしていることが多く、大抵2年ずつ更新しています。
自賠責保険で保証される内容は自動車を運行中に他人に怪我をさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故を保証する為にあります。

支払基準の例としては障害による損害で支払い限度額最高120万円(被害者1名あたり)。損害の範囲は治療関係費や休業損害などがあります。死亡の損害だと最高3000万円となります。
これらはどの会社から自賠責保険に入ったとしても料金に差はありませんし、保証内容も国土交通大臣及び内閣総理大臣により支払い基準が定められているので変わりがないです。

任意保険の様に「等級」や「特約」などもありません。また、自賠責保険に未加入で走行した場合は法律によって罰せられます。免許停止処分(点数6点)、1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

加入方法は損害保険会社の支店などでも加入できますし、中古車販売店やディーラーなどでも取り扱いしています。また、原付きや250ccまでのバイクは郵便局やコンビニ、インターネットからも手続きが可能ですから、必ず加入してください。

自動車の自賠責保険に加入する場合は自動車検査証(車検証)と、現在契約している自賠責保険(共済)証明書のみです。基本的に車につんであるものなのでなくすことはないと思いますが、きちんと保管しておくようにしましょう。

中古車購入時によくあるパターンなのですが、車検証は自分の名義になっていても、自賠責保険証は他人の名義になっている場合があります。これは名義変更しなくても支払いが可能です。自賠責保険は人にかかっている保険ではなく車本体にかかっている保険だからです。

なので大切なのは、名義人の名前よりも、車検証上の車体番号と自賠責保険証の車体番号が同じであるかどうか。ということです。万が一間違っていると保険料の支払いがスムーズにいかなかったり最悪の場合支払いができない可能性もあります。
なので、できれば確認しておくようにしてください。


自賠責保険に入っているのに、なんで任意保険にも入らないといけないのか・・・など他にも自賠責保険について疑問も残るかと思いますが、一度に更新してしまうとわかりにくくなってしまうので今回はこのへんでおしまいします!!

自動車保険
自動車保険を安くする方法について紹介します。インターネットの見積もりや、自動車保険の用語など、知らないと損するけど、今さら聞けない情報も。

前の記事 | 次の記事

関連記事