トップ > 書類契約 > 車の所有権について

車の所有権について

eigyouman.jpg
車を購入するときにローンなどを組むと所有権がつくときがあります。
車をローンで購入したことがある人なら一度は聞いたことがあると思うのですが、車検証上の所有者の欄がローン会社だったり、ディーラーの名前が入ります。

また、現金で購入したことが場合でも、所有者がディーラーになることもあります。

自分の名前は使用者の欄に記載されることになります。

ここで、基本的な知識ですが、車の名義変更は車検証上の所有者の印鑑証明書や
実印を捺印された委任状や譲渡証明書などが必要となります。
これを踏まえて考えていくと、ローンを組んだ場合は車は担保になります。
つまり、勝手に車体を売って現金化されては困るのです。

なので、自分(ローン会社)は自分の所有物として車を確保しておくのです。
そうすることによって、勝手に売られて現金化されることを防いでいます。
逆に、ローンを完済して「所有権解除」という手続きを行えば、車検証上の所有者欄は自分の名義となります。

ローン会社がディーラーと同じ系列の会社だったり、その他の理由でディーラーの所有権がつくこともあります。

また、ディーラー側としては、所有権をつけることによって
使用者が車を手放すタイミングがわかるので営業もしやすくなります。
上記でも説明していますが、車を手放すときには名義変更できる書類が必要となります。
それは所有者のしょるいですから、自分のところに書類が必要だと連絡がくる。それが、手放しのタイミングとなります。

こう見てみると、使用者側にはあまりメリットがないように感じますが、メリットもあります。
まず、盗難対策として役に立ちます。
万が一、車を盗まれて名義変更を勝手に行ってしまおうとしても、所有者の書類が必要ですし、所有者から書類をもらうには、使用者の委任状が
必要となります。すると名義変更がしにくくなります。

また、購入時や売却時に印鑑証明書の用意が基本的に不要となります。(業者によっては必要なこともあります)
住民票のみで手続きができますし、住民票なら第3者でも取得が可能ですので使用者が面倒な書類集めをしなくても済みます。


ちなみに、所有権解除は個人でもできます。
まずはローンを組んだ方は完済することが大切です。
完済しないと所有権は解除できません。ローンが完済されたら、ローン会社に完済証明書をもらいます。

所有権をもつ会社(ディーラー)に連絡をして、所有権解除したいことを伝えると必要な書類を教えてくれます。
基本的には、「ローン完済証明書」「印鑑証明書(発行3ヶ月以内)」「委任状」
(ディーラーが用意してくれます)「自動車納税証明書」です。
これらをディーラーに送るとディーラー側から、ディーラーの印鑑証明書と委任状、譲渡証明書が送られてくるので、書類の有効期限内に陸運支局で手続きをします。


管理人が思うに、所有権が付いていることによって、何か特別なことをしなくてはいけないのは購入時と売却時ぐらいなので、気にせずカーライフを楽しむのが良いのではないでしょうか。

書類契約

前の記事 | 次の記事

関連記事