トップ > 自動車保険 > 任意保険の必要性

任意保険の必要性

前に紹介した「自動車賠償責任保険」通称、自賠責保険。
自賠責保険以外に車を運転するにあたって任意保険の加入が一般的です。

任意保険と言うぐらいですから、入らなくても自賠責保険の様に免許停止になったり、罰金があったりすることはありません。基本的に入るのも、入らないのも自由です。

なので、自動車保険の加入率は約85%位です。
8台に1台は任意保険に未加入という結果になります。

任意保険に未加入の相手と事故をしてしまい、自分が被害者になった場合は、自分の任意保険が使える可能性が高いです。相手(任意保険未加入)の自賠責保険だけでは足りない部分に対して「無保険車傷害保険」を使うことができます。(ただし後遺障害のない怪我の場合は対象外)
「無保険車傷害保険」は任意保険に加入するとだいたい自動的についてくるのですが、一度確認してみると良いです。

その他、自動車保険以外にも住宅ローンなどを組んでいれば保険に加入している場合もありますし、生命保険や子供がいれば子供の保険で親に万が一があった場合におりる保険などもありますから、よく確認してみると良いです。

逆に自分が任意保険未加入で事故をおこしてしまい、しかも加害者になった時。こちらのほうが問題です。
自賠責保険で支払いが可能なのは、死亡時で3000万円まで。後遺障害でも4000万円。それくらいあれば大丈夫!!そんなわけないのです。

kyuukyuusya.jpg

例えばです。
30代の働き盛りの男性で家族が妻と子供1人。年収が600万円の方を交通事故で死亡させてしまった場合。支払わないくてはならないお金は1億円近くになります。

葬儀費用100万円や慰謝料で3000万円近く。逸失利益が6600万円ぐらいになります。
(逸失利益とは事故などで本来得られるはずだった利益のこと)

この他に、ガードレールに事故の際にぶつかってしまい修理が発生したら、ガードレールの修理代が約10~15万円。電柱だと約30万円。電柱にぶつかり停電をさせてしまったら、損害賠償金・・・と支払いしなくてはならないお金がたくさんあります。

上記の男性の家族に支払いしなくてはならない1億円。自賠責保険で3000万円支払ったとしても、7000万円は払うお金になるのでどうにか工面しないといけないお金になります。

任意保険は車種や運転の履歴(事故歴や免許の色など)で変わってきますが、30代男性で車両保険なしで、5万円前後です。10年間支払い続けても50万円ですし、年齢が上がり事故歴がなければ支払う金額はだんだんと少なくなってきます。

あるかないかわからない7000万円の支払いに年間5万円ほどの出費をどう考えるかは、その人それぞれですが、任意保険に加入することは相手に迷惑をかけない。自分自身を守るためにもなりますから、加入することをお勧めします。

自動車保険
自動車保険を安くする方法について紹介します。インターネットの見積もりや、自動車保険の用語など、知らないと損するけど、今さら聞けない情報も。

前の記事 | 次の記事

関連記事